個展イベント

  1. Takahashi.Ayumi(作家)

    私の絵は特定のモチーフがない。

    ひとつひとつ色を重ねていくうちに見えてくる、新たな景色を表現している。

    そしてそれが甘やかで華やぎのある世界になることを目指して制作している。

    インタビュー

  2. HARUNA FUJII(作家)

    ご来場ありがとうございます。

    展示名である「桜に明けて」は、
    松尾芭蕉の春の句にあるものです。
    本展示では、春を表現した作品が二〇点あります。

    各作品のタイトルは春の季語から着想を得ていますが、
    今回の制作で一番良く表現できたと思う作品には、
    展示名と同じタイトルをつけています。

    これらの作品を通じて、
    皆様にそれぞれの春をお楽しみいただけますと幸いです。

    インタビュー

  3. 黒絵&爽歌(人形作家)

    こんにちは。
    球体関節人形とそのお洋服を作っている爽歌です。
    お人形とお洋服を作り始めて2年半くらいになります。
    まだまだ技術は拙いですが、もっと良いお人形とお洋服が作れるように日々制作しています。

    水色とピンクの組み合わせが好きでよく使います。
    カラフルが好きです。言葉にするとゆめかわいい、というのでしょうか。
    もっとゆめかわいい女の子たちを作れるように頑張ります。

    お人形、と聞くとフリフリのドレスを着ているイメージを思い浮かべる方が多いと思いますが、
    私はドレスもいいけど、レトロな私服もいいな、と思って作っています。
    明治の文明開化、大正浪漫、昭和レトロの頃のイメージです。

    私の目指す女の子像は、キュッとした目尻、ツンとした唇、ちょっとキツそうな性格の女の子です。
    意地悪そう、と思われてしまうかもしれませんね。
    でもそれで良いのです。綺麗な花にはトゲがあるのです。
    彼女たちのギザギザのプラスチックのハートを優しく包み込んであげてください。

    ご一読ありがとうございました。

    インタビュー

  4. 赤羽おえかきクラブ

    「のびのびお絵かき!」「楽しく物作り♪」
    東京都北区で長年活動の【赤羽★おえかきクラブ】
    毎週素晴らしい作品が、うまれています。
    是非子供たちの作品を見に来てください♪

    親子おえかきサークル・子供クラス・中学高校生絵画クラスの他、
    3才だった子供達が現在大人となり制作しに来てくれています。
    今回子供クラスメンバーの作品をメインとし展示いたします。

    子供達の絵は、楽しく・パワーや元気がもらえると思います!
    メンバーの子供達ご家族他、地域の方々にご覧いただけると嬉しいです。

    【子供達の絵で、日本を元気に、そして世界も!】

    おえかきクラブの活動は、過去にさまざまなメディアに取材を受けて来ました。
    これからも、子供達の絵の素晴らしさ・楽しさ・アートの素晴らしさを
    発信してゆけたらと思います♪

    是非、HPもご覧ください♪

    インタビュー

  5. RUI OWADA(画家)

    フランス在仏のアーティストRUI OWADAの作品展。
    家族や近所の人が笑っている様子を描いています。
    普段は抽象画をメインに描いていらっしゃいます。

    インタビュー

  6. marumi(筆文字アーティスト)

    筆文字アーティストmarumiの作品展。
    味のある字と絵でこころがほっこりとする作品を描いています。

    インタビュー

  7. KOKI(油絵画家)

    鮫のいる世界を描く、油絵画家KOKIの作品展

    インタビュー

  8. おえかきサークル(社会人サークル)

    都内の「お絵描きサークル」初の合同グループ展を開催いたします。

    私たちは、年齢や性別、国籍問わず集まって、活動をしており、個性豊かなメンバーが週末に集まり、思い思いに絵を描いています。

    今回の展示「ノゾキミル小宇宙」では、
    お絵描きサークルで私たちが描いている普段の絵をのぞき見できる展示となっております。

    絵から見えてくる個人の小宇宙と、その個人が集まった夜空の星々のような展示を楽しんでいただき、お気に入りの星=作品を発見して頂ければと思います。

    ご来場お待ちしております。

    インタビュー

  9. ゆづ(デザイナー)

    薬局のロゴをデザインいただいたデザイナーの方です。
    趣味で面白筆文字を描いていらっしゃいます。

    面白筆文字でグッズも販売されています。
    https://suzuri.jp/tawagoto-co

    インタビュー

  10. mako(作家)

    大人になってから、趣味で写真を細々と習い始め、撮り溜めた写真を何かの形にしたいと思い、薬局ガレリア様のご協力のもとで、写真や陶器の作品を置かせていただくことになりました。

    写真の一瞬の表情は、二度とない表情で、今となっては撮れない物も含まれています。

    一瞬一瞬を大事に思い撮影してきました。
    また、これからも一瞬を大切にしていきたいと自負しています。

    立ち寄ってくれた、皆さま、短い時間にはなりますが、少しの時間でも、リフレッシュいただけますと幸いです。

    インタビュー