開局準備その4 医療用の新型コロナウイルス抗原検査キットを入荷しました

先日、近隣の診療所から新型コロナウイルス抗原検査キットの入荷状況のお問い合わせをいただきました。

当薬局でも開局準備中に、医薬品卸の方にかねてより医療用抗原検査キットを依頼しており、本日、ギリギリではありますが、営業開始日までにある程度個数をそろえることができました。

医療機関によっては無料配布が決まっているのですが、モノをどう配布するかについては卸業界も、行政も医師会も薬剤師会もなかなか明確に決まって動けているところが少ないようにみています。

北区では、薬剤師会から無料配布用の抗原検査キットが入荷できるかどうかについて、まだまとまっていないため、有償とはなりますが、抗原検査キットを当薬局では備蓄・相談体制を整えています。

赤羽周辺では、駅前とLaLaガーデンで無料PCR検査場があるので、余裕のある時間帯では、そちらも検討いただくことになりますが、どちらもお休みの時間帯(19:00~20:00)に当薬局が営業しており、つらい症状の緩和にお役に立てると思います。

無料でPCR検査が受けられる時間帯であれば、北区のPCR検査事業者をご利用いただけます。 → https://www.city.kita.tokyo.jp/chiiki_iryo/kenko/iryo/pcrcenter.html

当薬局での抗原検査キットの有償販売(990円)の流れを簡単にご説明します。

(1)希望される方は、個室相談室がございますので、そこで薬剤師が対応いたします。当日の持ち物は、マスクと身分証明書、現金かクレジットカードがあれば大丈夫です。

(2)症状の確認と、抗原検査キットの使用方法の説明を個室で行います。

(3)処方せんもお持ちの場合は、お薬のご案内も行いますが、処方せんがなくても、症状緩和でお薬をご提案、販売することも可能です。ご相談ください。

(4)説明が終わりましたら、お会計もその場で行います。抗原検査キットはご自宅で行うようお願いいたします。

(5)使用後の抗原検査キットについては、ビニール袋で厳重にしばり、自治体の指示に従って捨ててください。

改めて窓口でもご説明しますが、2022年7月29日現在の状況ですと、濃厚接触者となった日から6日目から自宅待機が解除されます。その間に2日間連続で陰性が出た場合は、自宅待機を待たずに解除できます。抗原検査キットの結果と日付を必ず写真で残しておきましょう。

抗原検査キットだけではなく、解熱鎮痛剤や咳止め、漢方薬の手配も行えますので、気になる方はご来局くださいませ。

LINEでご相談を承っております。 → https://lin.ee/3ASW66G

トップページに戻る → https://pharmacy-galleria.com/

関連記事

  1. 2023年11月12日「技術書典15」にて、当薬局から「職業…

  2. 抗原検査キット無料配布事業のポイントを解説した動画を作成しま…

  3. 【子ども薬剤師体験】保護者アンケートの中間集計を出しました。…

  4. 禁煙治療薬チャンピックスの供給について

  5. 本物に見えるネコの置物

  6. 開局準備 その2 赤羽LaLaガーデンって大きいですよね