開局準備 その2 赤羽LaLaガーデンって大きいですよね

こんにちは。

薬局ガレリアの薬剤師、片山でございます。

今日は天気が良かったので、赤羽駅から薬局までの道のりの写真を撮ってきました。→ 薬局までのアクセス

赤羽で一番大きい商店街のLaLaガーデンが目印で、アーケードの真ん中から横の通りを歩くとすぐに薬局まで到着します。

私もお昼時や買い出しでダイソーさんやダイエーさん、マツモトキヨシさんのお世話になりました。

赤羽で薬局を開設しようと思ったときに、LaLaガーデンのにぎやかさをいろんな時間に見て回りましたが、朝から夕方まで多くの人でにぎわう、活気のある場所で、安心して開設できそうだと感じたものです。

北区人口ビジョン(→ https://www.city.kita.tokyo.jp/kikaku/documents/jinkoubijon.pdf)からは、2060年にはかなりアンバランスな年齢分布になると想定されていますが、あと38年にはこのあたりはどのような街並みになっているのでしょうか。お子様連れの方も多くいらっしゃる印象なので、そこまで心配せずにいます。

夜19時以降は帰宅されるビジネスパーソンの皆さまがメインとなっており、当薬局は夜間20時まで平日は営業しておりますので、お帰りの際に立ち寄っていただくこともできます。

まだまだ練り歩き足りないので、休み時間に周辺をもっとパトロールしたいと思います。そういえば、赤羽一丁目はたくさんの居酒屋でにぎわっており、おいしくてやすいものが多そうな感じですね。塩気とアルコールの誘惑に早くも屈しそうです。機会があれば、おいしいお店もまとめてみたいと思います。

開局準備のタイトルでもあるので、今の薬局の準備状況も。

新型コロナウイルス感染症の広がりによって、地域の医薬品卸から、咳止めのお薬の供給が細くなってきているようです。咳止めでよく処方されるメジコン(デキストロメトルファン)に一部流通の滞りがみられています。そのほかにも、カフコデ配合錠といった頓服の咳止めも流通が滞っていたりしています。

処方せんの内容をみて、優先度が高いものを先にお渡しして、時間差でお届けすることもありそうな気配が早くもしています。

今のところ、薬局には500品目程度の在庫を進めており、たいていの処方せんは対応できますが、一部のお薬に関しては供給が安定している薬局へご紹介させていただくこともございます。何卒宜しくお願い致します。

LINEでお薬のご相談を承っております。 → https://lin.ee/3ASW66G

トップページに戻る → https://pharmacy-galleria.com/

関連記事

  1. 熱中症防止キャンペーンのノボリを新調しました。

  2. 2022年10月29日(土)はハロウィンイベントをささやかに…

  3. 【モバイルファーマシー】第55回日本薬剤師会学術大会に参加し…

  4. 本日はバレンタインデーです。

  5. 【体験レポート】2023年6月4日、こども薬剤師体験会は盛況…

  6. オリジナルお薬手帳の販売をBOOTHで開始しました。